とある幼稚園の園庭に見晴台をつくることになりました。

作りながら公開していきます。

こういうものを作っていきます。

こういう所に作ります。

作っていくのを一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。

ちなみに上の絵は無料のお絵かきソフト(3DCAD)のSketch Upで描きました。

準備をする

丸太を仕入れる
ここ高山の森林組合で、檜の丸太を15本仕入れました。
3mの長さで、末(細い方)の直径が10cmのものです。

安い!と思う。一本450円です。

重い!ので重機で積み込んでいます。
2回に分けて運びました。

実際に重さを測ってみます。

40kgで滅茶苦茶に重いというわけでもないですね。とは言え、8本で320kgで軽トラの積載量(350kg)ギリギリセーフというところでした。

皮付きのままで使う予定だったのですが、まだらハゲになっていて汚いので、皮を剥ぐことにしま仲間にした。
ひえ~、時間が無いのに余分な仕事が増えちまったい!

膝腰体操教室の仲間に手伝ってもらっています。
女性ですが、カモジーより力が強い!情けないな~、老トレしないと・・・

組立台を作る
カモジーの工房は一人なので、一人でも作れるように組立台を作ることにします。
天井のクレーンは一軸だけなので、下でXYで自由に動けるようにキャスター付きの組立台を単管パイプで作りました。

ロープワークの練習をする
周囲にロープでネットを作って螺旋階段のようにするので、ロープの編み方の練習をします。

まずは、上の丸太と下の丸太を垂直に繋ぐための輪作りをやります。
さつま編みといいます。英語ではアイスプライスと言うらしい。
ユーチューブの動画で勉強しました。さつま編みで検索するとたくさん出てきます。

さつま編み

また、ロープの末端がほつれるのを防ぐための端止め(バックスプライス)も学びました。

上に写っているのはスパイキという道具で、編み込む時に撚り紐(ストランド)を差し込み易くするためのものです。和名はなんというのだろうか?
20Φ位の丸棒を先細りに削って簡単に作れます。

そういえば、イギリスの鞍馬天狗的(人気があるという意味で)小説のホーンブロワーシリーズに水夫がこの道具を使っているのが時々描写されていました。

写真でピョロピョロと出ている部分は切ってテープで止めておきます。

組み手の試作

頭ではこんなことを考えていますが、成り立つのかどうか組み手部分の試作をします。

単管ドリルガイドを作る

組み手4箇所のボルトが垂直に立ってないといけないので、単管パイプの心に垂直に貫通穴を開けるためのドリルガイドを作ります。

左側がガイドなしで開けた貫通穴、右側がガイドを使って開けた穴です。
垂直にたっています。

こんな感じになります。左の柱にボルトを貫通させます。

丸太の中心に穴を開けるためのジグを作ります。

丸太縦ドリルガイドを作る

土台と柱を繋ぐのに、12Φのボルトを使いますが、そのために18Φで300mmくらいの穴を丸太の中心に貫通させます。

そのためのドリルガイドを作りました。600mmのロングドリルを使います。長い!

ところが、トルク不足ですぐに止まってしまいます。

横方向から繊維を断ち切る場合はいいのですが、繊維に沿って穿孔する場合は締め付けられるのか大きいトルクが必要のようです。

ボッシュの550wの製品ですが、このままでは作業が進みません!
しかたないので、マキタの710wの重穿孔もラクラクという謳いと文句のものを仕入れることにしました。

マキタの710wが届きました。ドリルガイドで開けた穴をガイドにして穴あけしています。
さすが重穿孔もラクラクというだけあってらくらくとやれます。
トルクが強いので左のバーを握っていないと振り回されてしまいます。

ようやくこれで先に進めます。

締結用ナットを締めるための穴を開けます

締結用ナットを締めるための穴を角のみで開けます。
と思ったのですが、10年くらいは使ってなかったので、錆付いてガイドがまったく動きません!
しかたないので、角のみの整備レストアをしました。

CRCジャブジャブ紙やすりゴソゴシ木槌コンコンで少しづつ動かしてやっとこさスムーズに摺動出来るようになりました。やれやれ😥

丸太固定のジグを作って穴を開けます。

ようやく組み手の試作が出来ました。角穴の中でナットを締めます。
なんとかなりそうです。

穴の奥のナットを手で締めるのはなかなかに難しい!
そこで特殊工具(大袈裟ですが)を作りました。単にゴグベルトの切れ端です。

これを写真のように引っ掛けて、右側を引っ張るとナットを指で締めるよりも強く締めることができ、ラチェットレンチが空回りすることなく締めることができるようになりました。

締め上げると傾ぐ

めでたく締め上げられるようになったのですが、締め上げると傾いでしまいます。

組み上げる時は緩くナットを締めておいて、全体を組んでから少しづつ締めていく必要がありますね。
エンジンヘッドを締め上げる時と同様なやり方です。

丸太に垂直穴を開けるためのジグを作ります

土台になる単管パイプの水平に対して垂直になる穴を丸太に開けるためのジグを作ります。
この絵のようなものを作ります。

角度の自由度を得るために、18Φではなく27Φの穴にします。

穴のセンターのマークが必要ですね。

実際に開けてみます。

切粉が詰まってさすがの710wも、トルクが過大になって止まってしまいます。
少しづつ正転と逆転を繰り返して、切粉を排出しながらやる必要があります。
さらにドリル刃の側面にシリコンを吹き付けて、ようやく出来るようになりました。

いよいよ本チャン

ようやくジグなどの準備ができて、本チャンにかかれます。

土台を作る

土台になる単管パイプに穴を開けて長ネジを4本立てます。ほぼほぼ垂直に立ちました。

丸太にボルトを通して載せます。

土台が出来上がりました。

柱のエグリをやります。

丸太を薄い輪切りにして、エグリのテンプレートにしました。

柱を立ててみました。

冶具を改良する

見晴台屋上の手摺の柱は貫通うボルトでやることにしました。テッペンをアイナットで締めこんで柱を固定するとともに、手摺のロープを通すアイにしようというわけです。

そうすると、柱に穴あけする時に使った最初の冶具では芯芯に通し穴をつくることは難しいので、旋盤の心押台のようなものを付け加えることにします。

スポンサーリンク